日々n出来事

木の剪定時期に気をつけましょう。

木の剪定は、見栄えを良くするだけでなく、
余分な枝を切り、木を丈夫に育てる上にも欠かせない作業です。
しかし、邪魔だからと、いきなり切ってしまうと翌年の花芽や実にも影響するだけでなく、木を弱らせてしまう恐れもあります。
植木の剪定は、木の性質や、剪定時期をしっかり調べて必要最低限の枝葉を切るようにしましょう。

剪定時期は樹木にもよりますが、花を咲かせる木は花が散った後、実をつける木は実がなった後に剪定します。
常緑樹は寒さに弱く、冬にバッサリ切ってしまうと木が弱ってしまうので、冬時期を避けて、暖かくなる3月?4月の新芽が出る前に剪定します。
落葉樹はその逆で、木の休眠時期である冬の時期に剪定します。
葉が全て散った後なら枝も把握しやすく、花芽・葉芽の状態も見極めやすいです。
全体のバランスを見ながら、葉が茂った状態を意識して大胆な剪定も可能です。
剪定する枝にも注意が必要です。
まずは、その木にとって、必要、不必要な枝を見極める事です。
木の根元に細い枝を伸ばすひこばえ、幹の途中辺りで芽を出している幹ぶき(胴吹き)、他の枝と重なったり密集しているからみ枝、
その他、枯枝など木の生育を妨げる枝は、積極的に切るようにします。
花実を気にせず、大きさを重視する場合は、剪定時期に気を付ければ枯れる影響は少ないので、自由に剪定も可能です。
高い場所の剪定や、量が多くて大変な時は、無理をせずプロの造園屋さんに頼むと安心です。
木の剪定は、切って良い時期、枝を調べて、見栄えだけでなく木が丈夫に育つよう心掛け、理想の形を目指しましょう。

 

|  酵素ドリンクのメリット |  ストレッチで身長を伸ばす |  エピレで脱毛を体験してみました |  木の剪定時期に気をつけましょう。 |

 

 

Page top

 

ステラの贅沢青汁
青汁